ガン放射線治療情報センター | 放射線によるガン治療の情報提供、病院検索サイト

ガン放射線治療情報センターでは、重粒子線治療、陽子線治療、定位放射線治療といった高精度放射線治療の解説、ノバリス・サイバーナイフ・トモセラピーによる定位放射線治療が可能な病院や医療機関を紹介しています。

定位放射線治療

定位放射線治療とは
従来の放射線治療とは異なり、周りの正常組織にはできるだけ放射線をあてないようにしながら、
高線量の放射線を腫瘍だけに照射する治療のことです。
照射後、腫瘍は活動を中止し、手術で摘出した場合と同様の効果を得ます。

定位放射線治療

身体の病変部に集中して大量の放射線を当てて治す治療です。
特に脳疾患の治療で始まりましたが、最近ではそれ以外の部位の治療も始められています。
用いる放射線としてはガンマ線、X線、粒子線等がありますが、
コバルトから出るガンマ線を用いたガンマナイフ(エレクタ社)による治療実績が多数示され、
放射線外科の有効性が確固たるものとなりました。

目標とする病巣に対して多方向から集中的に放射線を照射することにより、
門数の少ない通常の放射線治療よりも周囲の正常組織への放射線量を極力抑えて治療することが可能となる放射線治療法のことです。

定位放射線治療でも一回で完了する放射線治療のことを特に定位放射線手術(StereotacticRadioSurgery(SRS))といい、
狭義に分割照射での治療を定位放射線治療(StereotacticRadioTherapy(SRT))といいます。

頭頚部・頭蓋内腫瘍(良性も含む)や、肺や肝臓などの体幹部にできた悪性腫瘍に対して、
放射線をミリ単位の精度でピンポイント照射する放射線治療のことです。

通常の放射線治療との違い

これまでの放射線治療では、たとえば脳疾患の場合は脳全体、もしくは腫瘍とその周辺の脳組織に放射線を照射していました。
しかし、広い範囲に放射線を照射することになるので、病変部だけでなく周囲の正常組織へのダメージが心配です。
ダメージを避けるために放射線の量を減らせば、腫瘍への効果が弱まってしまいます。

定位放射線治療では、放射線をミリ単位の精度で制御し、病変部だけに強力な放射線を他方向から照射するので、
小さな病変でも周囲へのダメージを最小限に抑えることができます。

この記事をシェアする

関連記事

folder よくある質問

more...

folder 放射線治療

more...

folder 最新の放射線治療について

more...

folder 未分類

more...

folder 用語解説

more...

folder 病院情報

more...

folder 粒子線治療

more...